日記 2015.05.04 (月)

・序章 ~ハンバーガーが食べたかった~

私の小さいとき、岐阜のとあるドライブインに、ハンバーガーの自販機がありました。
お金を入れてボタンを押すと、ランプが点滅し、「あと何秒」の表示がされ、
暖まったハンバーガーが出てくる、というものです。
それが不思議であり、あこがれの対象でした。
是非とも食べたいと思ってたのですが、子供だった身、おいそれと行けるところではありません。

大人になってからその自販機のことを思い出し、食べたいと思うようになりました。
しかし、その自販機はもう置いてありません。なくなりました。店ごと。
これほど、時は残酷なのかと、自分の運命を恨みました。

・第1章 ~まだハンバーガーは食べられる~

ネットの力というのは時にすさまじい物で、どんなニッチ(語弊あり)な情報でも
比較的容易に入手できるようになりました。
で、日本全国の自販機の情報を詳細にまとめてあるサイトなんてのに行き着いて、
私は目を見張りました。

まだ、あのハンバーガーが食べられる!

私ははやる気持ちを抑え、詳細を見てみました。
どうやら、そういう自販機は、群馬県の方に集中しておいてあるそうです。
なぜ群馬? という疑問もありますけど、私はなんとしてもその店に行きたくなりました。

・第2章 ~ハンバーガーを食べに群馬へ~

いわゆる、オートレストランというのがあります。
主要な道路沿いにあり、主に無人で、自販機だけが並び、休憩が行えるという施設です。
その中に、ハンバーガーの自販機もあるのです。

ただどんなにネットが発達しても、たった今の情報を得るのは並大抵のことではありません。
有志の方がまとめてくださっているサイトの情報を元に現地に行ってみても、
その日に営業しているとは限らないのです。
なにせこれだけの遠距離ですから、行ってみたがすでに閉店していた、
なんて事態はとにもかくにも避けたいところ。

だがしかし、そんな中で、他とは毛色の違うお店を見つけました。
それが今回訪れた、「自販機食堂」さんでございます。イエッ!

・第3章 ~ハンバーガーを食べに新幹線と在来線を乗り継ぎ~

5月3日、早朝4時起き、名鉄始発にて名古屋駅へ。
切符は事前に購入してました。
群馬の伊勢崎までのを買ってたんですが、どうやら後からの情報で、
「埼玉の本庄の方が近い」とのことで、区間変更してもらうためです。

切符(変更後)

まあそんなことはおいといて、新幹線で東京まで出てきて、そこから高崎線で本庄へ。
本庄からバスに乗って、利根川を超えた阪東橋北詰で下車。
そこは住宅地と工業団地とが広がるところで、こんな所にあるのかと不安になりましたが、
国道沿いにしばらく北進していたら、その店はありました。

自販機食堂外
入口

ツイッターの情報より、2日と3日はイベントやってる、ということだったので、
今日は確実に営業していると踏んでおりました。

到着したのは11時くらい。乗り換えや待ち合わせを抜くと、4時間くらいかかった計算になります。


・第4章 ~ごまみそマヨハンバーガー~

お店に入ると、早速自販機が鎮座しておりました。
ハンバーガー、トースト、そしてうどん。
これらは御三家と呼ばれているそうで、これらが一堂に会するこのお店はなんだか貴重な気がしてきました。
(私は自販機自体にはあまり詳しくないですorz)

自販機

まず、ハンバーガー。
ダブルチーズバーガーなどに混ざり、ごま味噌マヨなるものが。
最近まで試験的に出していた物が、どうやらレギュラーメニューになったらしい。
自販機に入れる食材(?)は、私は最初はこの自販機の工場で一緒に作った物か何かだと思い込んでましたが、
どうやら店主の方が自選調理を行ったもののようです。そういうことができるんだ。

味噌は八丁味噌。なんという名古屋人ホイホイなんでしょう(^^;

いざ購入。
私が四半世紀以上、憧れていた物が目の前に現れました。

ゴマみそマヨ

そうそう、パンの部分が蒸気でしわしわになるんですよね。
辛いかもと書かれていたけど、そういうことはなく、食べやすかったです。
おいしくいただきました。

普通でしたら、懐かしいというような感想が出てくるかもしれませんが、
私は実物を見るのがこれで初めてなので、そうとも言いづらいんですよね(^^;

・第5章 ~ラーメンとトースト~

ハンバーガーの他にも、うどん、トーストとありました。

うどんはラーメンもあり、チャーシュー麺を購入。

チャーシュー麺

麺しかない、ってわけではなく、具は麺の下にあります。
サイズはあまり大きくないですが、食いではありました。

小倉トースト

そしてトースト。
アルミに包まれたトーストサンドです。
中に入っているのが、チーズと小倉。なんという名古屋人ホイホイ(やめやもう
小倉&ネオマーガリンのパンが昔から親しんでいる私なので、おいしくいただけました。


・第6章 ~イベント開催中~

さて、ハンバーガーだけでなく、なぜラーメンとトーストも行ったのかというと、これのためです。

イベント告知

3種類食べるとスピードくじがひけるというものでした。
私はそれでマグネットをもらいました。ありがとうございます。

マグネット

また、うどん販売機のこのようなキーホルダーも、ガチャガチャでゲット。
これはかわいいですね。
良いおみやげができました。

キーホルダー


・終章 ~ハンバーガー自販機フォーエバー~

自販機に入れる食材は店主の方が用意して見える、ようでしたが、
きっと自販機自体のメンテもご自分でやってるんじゃないかな、って思います。
とはいえだいぶ古い筐体なので、いずれは動かなくなるのでは、という不安感もあります。
今回行ったのは、これを逃すともう二度と会えなくなるんじゃなかろうか、
という不安感が大きくなってのこともありました。
私はコンビニやその他別のお店が台頭してきて、自販機自体が減っていくことは仕方ないですが、
こういう技術は風化せずに残っていってほしいなぁ、とは切に思います。


・おまけ

群馬だけに、本棚に日常コミックがあったのを私は見逃さない。

日常


高崎まで行ったので、ついでに安中榛名まで、とも思ったんですが、時間が厳しくて断念。
高崎
路線図



スポンサーサイト
日記 2012.11.02 (金)
前回の更新にて、ツクール2000製のゲームの公開を今年限りで終わります、
って書いたんですが、いま少しだけ心が揺れてます(汗

正直な話、ツクール系のゲームって、後になって
「なんでこんなつくりにしちゃったんだろう」ってひどく悔やむことが多いです。
ツクール2000製のは特にそれが顕著です。
自分の作品の癖に、真正面から見ることができないんです私。
こういうことなら最初から世に出さなければ、って毎度思うのです。

私の作品はやはり喜劇がベースになっておりまして、
どうしてもその、あの、時代の流れにはついていけないというか。
なんでこんな話にしちゃったんだろう、とか、ひどく後悔するんです。
それをして黒歴史とも呼んでおりました。

ただ。

中には、今でも、これは使いたいなぁと思うものはあります。
あるんですよね。
曲がりなりにもツクーラーですから。

「じゃんけん」のことなんですけどね。

少し前にもノベルゲーにしたいなぁと意気込んだことがありまして、
やはり、捨て切れないなぁということはあるのです。
ひっかかっているのは、ストーリーから何からといった、総合的な作りなんですよ。
今作るんだったらもっといいようにするのになぁ、と思い始めてます。

VXって現代風のチップがなかなか見つからないというのが在りましたが。
逆にいうと、現代の小物さえあれば、デフォルトのマップチップでも、
それっぽくは見えるような感じにはなるようで、いけんことはないです。

リメイク、しちゃおうか…。

ただ、オリジナルそのままという風にはならないかなぁ。
オリジナル要素は半分くらいになると思います(汗
ノベルゲーにしたときに「ぜひやりたい」と思ってたことがあって、
それを練りこんじゃうかもしれないのです。

これらはまだ頭の中にしかないことですが、
形にしたいなぁ、と、漠然と思うようになりました。
日記 2012.10.21 (日)
無題というタイトルのときは、たいがいの場合愚痴です。



→続きを読む?
日記 2012.08.10 (金)

くだらねえことはチラシの裏にでも書け!

とよくいうので、今回はチラシの裏的内容です。

本当はこういうことはすぐに書かずに、一晩たってからとかいいますけど、
あえて、今書かせていただきます。
すみません、愚痴です。
苦手な方はちょっとご注意。


→続きを読む?
日記 2012.06.13 (水)
以前からぐちぐちとtwitterの方でも言ってることですが、
今回まとめてみました。
「もういいよ」って方はどうか見ないでください(汗


私、ネットオークション使うことがよくあります。
出品する方がずっと多いです。
PC関連機器とか、私のところでは使わなくなったものを、
他の方なら有効活用してくださるだろうということで、やってます。

少し前、関東で購入した安いタブレットを出品したんです。
箱入りで付属品も欠品なく、動作確認もして、かなりいい状態でした。

落札されたんですけど、落札者は「メール便で送れ」と言って来ました。
メール便はサイズ制限はあるのですが、日本全国一律料金で送ることができます。

サイズ制限というのは、A4サイズで、かつ、厚さが2センチ以内というものです。
梱包込みでです。
タブレットは平べったいからその中に納まるだろ、というのが落札者の意見です。

それで私、困っちゃいましてね。
メール便は、書籍とか、DVDとか、その他書類を送るためのもので、
精密機器を発送するものではないんですよ。
(業者のサイトで明記されています)
発送する途中どんな扱いをされるかわからないんですよ。
最悪、床に叩き付けられたりするんじゃないかと。
(業者がわざとするわけではなく、うっかりこぼしちゃったとか、ということです)
はたして、そういう性質のサービスで、精密機械のタブレットが発送できるのかと。

最初、箱つきで送れと言われました。それは絶対無理。
梱包なしで2センチは軽くオーバーします。
そして、箱や2センチを越えるものを捨てて送れと言われます。
タブレット本体、マニュアル、そしてペンくらいだったかな。
ペンがすっごい微妙でしたよ。
最低限の梱包しかできなくって、不安でしかないのです。

出品するときに、ゆうパックで発送しますというようなことを書いてました。
商品を気持ちよく使ってもらいたいから、
保証のあるゆうパックにしましょうよ、ということを書きました。
しかし相手は頑として受け入れず、保証なんて要らないからメール便で送れ、
の一点張りでした。

ここで私、思ったんです。バカにされてないかなと。

動作保証のないジャンク屋ならまだしも、まがりなりにも動作確認をして、
清掃もして、なるべく気持ちよく使ってもらおうとしているのに、
相手はそんなことは屁とも思ってないんじゃないかなと。

まあ、そんな隠れたことは伝わることはごく稀でしかありませんがね。

そういうこともあって、これは私には無理だ、落札者繰上げも選択肢に入れます、
という返事をしました。
そうしたら、ちょっと落ち着けと。黙ってメール便で送れという回答。

うわー、ダメだ。落札者繰上げしてえ…。

結局のところ、落札者繰上げは我慢して、メール便で送ったんです。
コンビニで「これサイズオーバーですよ」って言ってくれと、
店員のおねいさんに念じてましたがダメでした(汗
(メール便は専用のスケールでサイズを測ります。特に厚さは厳しいです)

落札者には評価を行うシステムがあって、発送後に点数をつけることがあります。
私、その人にはやりたくなくって、ずっと放置してました。

「評価しろ」ってきて、半分ぶち切れました。

評価には、よい評価と、悪い評価、どちらでもない、というのができるのですが、
今回は「どちらでもない」としておきました。
「なんで「よい」じゃないんだ」って書いてこられたんですが、
理由は「少なくとも「よい」ではないから」です。



このやりとりで、悪いのは私なんでしょうかね。
「精密機械だからメール便じゃ送れへんよ」って明記しなかった私が悪いんでしょうかね。


最近、精密機器をメール便でというのが非常に多いんですよ。
なんなんですかね。
「破れたお札は銀行で交換してくれる」というおばあちゃんの知恵袋的に、
「送料を安く済ますにはメール便を使え」というのがあるんですかね。
事実、その落札者も「送料を安くしたいから」という理由だけで、
メール便を要求してきてたんです。


A4以内で平べったくても、高額なものはたくさんあります。
最初に思いついたのがCPUとかメモリとかでしたが(汗
極端な話、そういったものでも彼らはメール便で送れって言うんでしょうかね。
送料を安くしたいから。

十何万も払っておいて(最近のCPUは高級なものは平気でそのくらい行きます)、
送られたのがジャンクと化した物だったら、
いくらなんでも我慢ならないでしょう。

これから精密機器を扱うときは「メール便お断り」って書きます。